昭和44年、絹巻忠先生のお力で、岡山ろうあ児施設内に難聴幼児母子訓練部門ができました。岡山大学医学部の高原滋夫名誉教授によって「岡山かなりや学園」と命名されました。詩人である西条八十が作詞した「歌を忘れたカナリヤ」から考えられたと聞いています。歌を忘れたカナリヤは最後には歌を思い出すとうたわれています。聞こえにくい子どもたちに、聴こうとする力だけでなく、コミュニケーションをする能力(歌をうたう力)をつけさせたいというお気持であったと伺っています。

昭和50年に厚生省認可、難聴通園施設第1号となり、平成24年4月には福祉型児童発達支援センターにかわりました。学園の主な目標は、早期発見・早期療育を行い、最大限に聴覚を活用して、言語発達を促進するとしています。創立以来この目標を継承しています。平成17年に新生児聴覚検査事業が岡山県に導入されて、今では、その受検率が約90%になっています。そのため難聴幼児が1歳未満で発見され、当園に来ています。発見されますと、補聴器を装用し、療育を早く開始できるようになっています。

平成29年度から社会福祉法人制度が改革され、新しい取組みを行っています。その一環として、人材確保と定着化を目指しています。また公益的な取り組みとして、岡山市児童発達支援センター機能強化事業も実施しています。まだ幾多の課題がありますが、私たち職員一丸となって、解決できるよう、頑張っていきたいと思います。また、皆様方のご支援のほど、よろしくお願いします。

理事長 大森 修平

事業内容
児童発達支援事業 / 保育所等訪問支援事業
設立年月日
昭和50年4月1日
対象児
0歳から就学前までの聴覚障がい乳幼児
職員
園長、児童発達支援管理責任者、言語聴覚士、保育士、児童指導員、事務員、栄養士、調理員、嘱託医(岡山大学医学部耳鼻咽喉科医師)

昭和44年、元ろうあ児施設大元寮(昭和59年閉寮)に併設される形で、難聴幼児専門の通園訓練機関のモデルケースとして「難聴幼児母子訓練部門」がスタートしました。その後、岡山大学医学部耳鼻咽喉科学教室の協力を得ながら、施設を拡充しつつ、難聴幼児施設の制度化を訴え続けてきました。

昭和50年4月、全国に先駆け、難聴幼児通園施設第一号として厚生省の認可を受け、「岡山かなりや学園」は設立されました。以後、聴覚障がい乳幼児の早期発見、早期療育に努めています。

児童福祉法の改正に伴い、平成24年4月1日より、主に難聴児が通う「福祉型児童発達支援センター」に種別が変わりました。現在も聴覚障がい乳幼児の療育に力をそそいでいます。

住所
  • 〒700-0927 岡山県岡山市北区西古松321-102
  • TEL:086-241-1415 FAX:086-241-3017
受付時間

月~金曜日 9:00-17:30

お車でお越しの方
岡山駅から約15分
岡山ICから約35分
※園内に駐車場があります。
電車でお越しの方
JR瀬戸大橋線・宇野みなと線 大元駅下車 徒歩約10分
バスでお越しの方
岡山駅前より、岡電バス「卸センター・健康づくり財団病院行」又は「重井附属病院行」にて 西古松停留所下車 徒歩約3分
岡山駅前より、下電バス「汗入・妹尾・火の見・コンベックス岡山・重井附属病院行」にて 西古松停留所下車 徒歩約3分

お問い合わせ

きこえ、ことばのご相談やご質問がありましたらお気軽にご連絡ください。

お問い合わせ